【ブログ】『予算オーバーしてしまうとその後どうなってしまうのか?』 | 山形市の注文住宅なら工務店のメルシーホーム

tel.023-688-7739

受付時間 9:00~18:00

MENU

イベント情報

2020.12.24

【ブログ】『予算オーバーしてしまうとその後どうなってしまうのか?』

こんにちは。
メルシーホームの鈴木弘樹です。

今週は雪の中になりましたがお引渡し式を1件行いました。T様おめでとうございます!
奥様から弊社スタッフに嬉しいお手紙まで頂戴いたしまして誠にありがとうございました。

また早いもので年末に近づいてきました。

今年はコロナ禍の影響で毎年開催しておりましたお客様感謝祭が行えませんでした。

そこで、弊社スタッフがサンタクロースに扮してオーナ様にささやかなクリスマスプレゼントをお届けさせていただきました。

来年はコロナ禍も落ち着いて、例年通りお客様感謝祭でオーナー様とお会いできます事を心待ちにしております。

良い年末年始をお過ごしください。

さて今日は『予算オーバーしてしまうとその後どうなってしまうのか?』のお話をしたいと思います。

ネガティブであまり楽しいテーマではないのですが、家づくりで失敗しないためには重要になります。

最初に予算決めをせずに後々思わぬ出費が重なって予算オーバーしてしまうと選択肢は大きく2つになります。

1つ目は月々の返済額が、今の生活の質を維持できる『借りていい額』から良く返済限度額などと言いますが、銀行が『貸してくれる額』になってします。

銀行が『貸してくれる額』は自分たちが『借りていい額』とは全く違います。

理想のマイホームが出来たけど、住宅ローンの返済が大変でギスギスした生活になってしまうかもしれません。

万が一ですがオーバーローンで返済できなくなったりしたら、マイホームを売却しないといけない事もあります。

2つ目は建物を建てるための土地を購入したケースで、実際に建物を建てる少し前に予算オーバーが発覚してしまった場合は、土地は購入済なので予算を減らそうと思うと建物を削るしかなくなってしまいます。

例えば、建物の面積を減らすとこだわりのパントリーがなくなってしまうかもしれません。
少し贅沢した憧れのキッチンが出来なくなってしまいます。

つまり、夢を詰め込んだ注文住宅が予算オーバーのせいで夢を削らなくてはいけなくなります。

そこは絶対に避けたいところです。

前回のテーマ『最初に予算決め』の大切さが分かっていただけたかと思います。

では次回は『自分たちが借りていい額は?』をテーマにお伝えいたします。

 
 
⇓過去のブログはコチラから☆

to top